デマンド監視装置 (エコ.WebⅢ)

LANに接続するだけで「手軽にエネルギー計測とデマンド監視」

エコ.WebⅢは、インテリジェントネットワークコントローラ (STiNC-200) 用プラットフォームに、エネルギー計測機能を実装したデマンド監視装置です。

【重要なお知らせ】 エコ.WebⅢ・Ⅳをご利用のお客さまへJavaアップデート対応状況のお知らせ
【お知らせ】 エコ.WebⅢ本体ファームウェアアップデートを公開しました

特長

  1. 電力量、ガス・水道等パルス量、温度、湿度、状態、警報等、様々なセンサを、最大32点まで計測記録します。電力量のうち1点について、デマンド監視警報機能を設定できます。
  2. 10分間隔で、2年分のデータを保存します。記録したデータファイルを、USBメモリやFTPサーバに転送することができます。
  3. デマンド警報のレベル1 (危険レベル) と2 (緊急レベル) を設定できます。警報レベルを超過するを予測した場合は、Web画面にアラーム表示するとともに、各々接点信号を出力します。メールによる通知も可能です※1
  4. デマンド警報発生時には、時刻、予測値を履歴として記録します。
  5. Webブラウザからアクセスできますので専用のソフトウェアは不要です。常時ネットワーク接続環境があれば、どこからでも管理することができます※2
  6. センサは、バス接続(数珠つなぎ配線)で、最大100mまでの通信が可能で、省配線です。シールド付3芯ケーブルを使用して下さい。
※1 別途メールサーバーが必要となります。
※2 インターネットから接続するためには固定IPアドレスを用意する必要があります。

ブラウザ画面例

システム構成例



※3 パッケージソフト「データ集計ユーティリティ」 (別売) を使用すると、エコ.WebⅢに記録された計測データを、定期的に、自動で収集し、日報月報等の帳票や、グラフ化することができます。
※4 取引用電力量計にパルス検出器を接続する作業は、お客様から電力会社に申請し、電力会社にて行うものです。

センサ一覧

電力量センサ (※5)


相線式:単相2線・3線、三相3線
回路数:2ch
寸法:127×137×38mm
型式:STMF-WHM-2

多ch電力センサ (※5)


相線式:単相2線・3線、三相3線
回路数:8ch
寸法:330×150×30mm
型式:STMF-WHM-8

PIセンサ (※6)


回路数:2ch
パルス入力:無電圧接点
(ガス量、水道量等用)
寸法:100×65×35mm
型式:STMF-PI-2

温湿度センサ


温度:-20~60℃(±0.5℃)
寸法:50×35×20mm
型式:STMF-RT-1

※5 電力量センサには、別途、クランプ式電流センサが必要となります。電流センサの定格は、5A (50A兼用) 、300A、500Aを用意しています。
※6 PI (パルス入力) センサは、パルス幅の1ms以上、パルス間隔幅2ms以上のパルス仕様に対応可能です。

その他、温度センサ、配管温度センサ、蓄熱槽温度センサ、DIO (接点入出力) センサ、AI (アナログ入力) センサを用意しています。

ページの先頭へ

用途別に製品・サービスを
探すことができます
各用途の説明はこちらから
新エネルギー
工場インフラ
ビルインフラ
電力インフラ
公共インフラ
交通インフラ
産業用機器