環境

高濃度PCBを使用している、もしくは高濃度PCB使用の可能性のある機器の処理について

高濃度PCBとは、意図的にPCBが使用された機器のPCB濃度であり、5,000mg/kg超の濃度のことを言います。

高濃度PCBを使用した機器を保有されている場合は、保有している事業所を所轄する産業保安監督部長、都道府県知事に報告する必要があります。電気関係報告規則、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法に基づき実施してください。

高濃度PCBを使用した機器の処理機関は、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(以下JESCO) です。処理には、機器の登録が必要です。詳細は、JESCOのHPにてご確認ください。
また、処理期限は、JESCOのPCB処理事業所毎もしくは処理対象の種類により違いがありますが、一番早いもので2018年(平成30年)3月31日です。詳細は、環境省-ポリ塩化ビフェニル(PCB)早期処理情報サイト にてご確認ください。