2022年ニュース

新商品・中容量EV用急速充電器「HFR1-15B11」シリーズを2022年10月より順次発売開始

2022.06.09

リーズナブルな価格帯、かつ2~3時間でフル充電可能
新商品・中容量EV用急速充電器「HFR1-15B11」シリーズを
2022年10月より順次発売開始

~業界最薄サイズ200㎜の薄型壁掛けタイプで省スペースを実現~


 株式会社東光高岳(本社:東京都江東区、代表取締役社長:一ノ瀬 貴士、以下、東光高岳)は、新モデルの中容量EV用急速充電器「HFR1-15B11」シリーズを、2022年10月より順次発売開始します。

 HFR1-15B11は、標準価格998,000円と従来の急速充電器に比べて、安価な価格を実現しました。 また、普通充電器が充電に8~12時間かかるのに対し、HFR1-15B11は2~3時間で充電が完了するので、価格帯と充電スピードのバランスが良い点が特長です。さらに、業界最薄の200㎜※を実現した、薄型壁掛けタイプとなっており、限られたスペースを有効活用していただけます。出力は最大15kWで、変換効率94%と、高効率を実現し、ケーブルサイズは22sqと細く、取り回し性に優れています。
 カラー表示ディスプレイのガイダンスに従って操作していただくことで、簡単に充電いただけます。

 なお、23年度モデルより、遠方からの状態監視や課金認証に対応する予定です。(別途、通信契約が必要になります)また、お客様のご要望に応じて、前面部(扉部)の個別カラーリングやデザイン対応も可能です。

 事業所、工場、ビルなど、各法人のお客さまの充電ニーズにお応えします。

※2022年6月9日時点。株式会社東光高岳調べ。

■製品の特長

  • 薄型壁掛けタイプで業界最薄の200㎜を実現し、限られたスペースを有効利用
  • 事業所、工場、ビルなど、各法人のプライベート充電ニーズに対応
  • 目的地充電、基礎充電に適した出力容量、サイズ、リーズナブルな価格を実現
  • 2~3時間で充電をしたいユーザー様向け
  • 次世代自動車振興センター補助対象機種に登録予定
  • 出力は最大15kW1系統、入力は三相3線200V、変換効率94%を実現
  • ケーブル長さは標準5m、オプションで7.5mのケーブルもご用意
  • ケーブルサイズは22sqと従来の急速充電器より細く、取り回し性に優れる
  • カラー表示ディスプレイのガイダンスに従って操作し、簡単に充電が可能
  • 23年度モデルより、遠方からの状態監視、課金認証に対応予定(別途、通信契約が必要)
  • 前面部(扉部)の個別カラーリング、デザイン対応が可能(応相談)
  • 保守サービスは、株式会社ミントウェーブ(弊社100%子会社)よりご提供
  • 標準価格998,000円(税抜)
  • 2022年7月より受注受付開始予定

■製品概要

   
型式 HFR1-15B11
定格出力 15kW
CHAdeMO Ver 2.0
入力電圧 三相3 AC200V
入力周波数 50Hz/60Hz
出力電圧 DC150 ~ 450V
効率 94%以上
保護等級 IP44
寸法(突起含まず) W 700㎜
H 815㎜
D 200㎜
本体質量 約65㎏
周囲温度 -10 ~ 40℃
周囲湿度 30 ~ 90%(凍結、氷結無きこと)
標準価格 ¥998,000(税抜)

■オプション

  • 自立型のスタンド金具をご用意
  • 長さ7.5mのケーブルをご用意
  • 前面部(扉部)の個別カラーリングやロゴなどのデザインについて、ご相談の上、個別に対応可能

 東光高岳のEVインフラソリューションは、「Charging on your side」を理念として、充電インフラをご利用いただく方、設置いただく方に寄り添い、常に身近に感じていただけるよう、事業活動を進めてまいります。
 今後も、東光高岳は、充電インフラ関連事業の拡大を通じて、電気自動車の普及を促進し、カーボンニュートラルの実現に向けた社会課題の解決に貢献してまいります。

製品に関するお問い合わせ先

㈱東光高岳
EVインフラ事業推進プロジェクト
電話:03-6371-5106
メール:esolution@tktk.co.jp

報道各位のお問い合わせ先

㈱東光高岳
経営企画部
電話:03-6371-5002