企業行動憲章

東光高岳グループ企業行動憲章

法令、社会秩序の遵守

すべての事業活動において、国内外の法令およびその精神の遵守を徹底するとともに、常に社会の常識や倫理を意識した行動をとります。また社会秩序や安全の脅威となる、反社会的勢力とは断固として対決し、関係遮断を徹底します。


環境保全

すべての事業活動において、環境を守ること、ものを大切にすること、リサイクルの促進など環境への十分な配慮を行い、自主的、積極的に環境保全に取り組みます。


安全、品質、省エネルギーの確保

お客さまに信頼とご支持をいただけるよう、安全性、高品質の確保に万全を期すとともに、地球環境、省エネルギーに配慮した製品・サービスを開発、提供し、社会の発展に幅広く寄与します。


公正な取引

公正、透明および自由な競争に基づく取引を行います。


コミュニケーションの確保、地域との協調

株主、お客さまをはじめ地域社会の方々などとのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正に開示するとともに、個人情報・顧客情報の保護を確実に行います。また地域への協力・寄与をとおして社会への貢献を図ります。海外においては、その文化や慣習を尊重し、現地の発展に貢献します。


人格、個性の尊重と活発な企業風土づくり

人格、個性を尊重し、活発に意見が交換され、改革に積極果敢に挑戦する企業風土づくりを進めます。また、安全で働きやすい、ゆとりと豊かさのある職場づくりに努めます。


トップの対応

経営トップは、本憲章の精神の徹底と実現が自らの役割と責任であることを自覚し、率先垂範その任にあたります。また、東光高岳グループ内外の声を常時把握し、実効ある東光高岳グループ内体制の整備を行います。本憲章に反する事態が発生したときは、経営トップ自らが問題解決と原因究明、再発防止に努めるとともに社会への的確な情報公開を行い、権限と責任を明確にしたうえ、自らを含めて厳正な処分を行います。