歴史(旧事業会社の沿革)

  • 東光電気株式会社
  • 株式会社 高丘製作所

1928年

「東電電球株式会社」設立。東京市深川区両国にて電球製造事業を行う。

昭和20年代の東光ビル

1929年

「芝浦電気工業株式会社」設立。電気機器の修理・製造と購入機器の検査事業を行う。

1932年

「東電電気商品株式会社」設立。電気器具類の販売事業を行う。

1938年

3社が合併し「東電電球株式会社」へ。翌年には社名を「東光電気株式会社」へ変更。

1948年

蛍光ランプの製造・販売を開始。進駐軍用家電製品の需要拡大により電気商品の販売や電気工事の受注も活況を呈した。

電球工場の蛍光ランプ製造ライン

1953年

電力量計修理事業を継承。協同電機製作所・王子電機工業所から営業権を譲り受け、積算電力計の修理を再開。

1958年

電力量計失効替工事の請負開始。東京電力の計器業務の一貫運営の合理化を担い、新たに計器失効替工事の請負を開始。

1960年

油入開閉器の製造・販売を開始。高度経済成長期の電力需要増大に合わせ、配電線の増強と電圧対策に取り組み、新たな製品の開発・製造・販売を開始。

1965年

システム機器の製造・販売を開始。

1969年

6kVモールド型計器用変圧器の製造・販売を開始。

6kV計器用変圧変流器 (モールドVCT)

1971年

高圧気中開閉器の製造・販売を開始。

自動開閉器

1976年

電力盤および計測機器の製造・販売を開始。

1993年

新塗装工場を埼玉事業所に建設。配電自動化に向けた製品開発を開始。

2000年

ドイツ製APG注型設備導入。

2003年

屋外用モールドEVT納入。

2004年

「オーバルコート大崎マークイースト」竣工。

オーバルコート大崎マークイースト

2005年

「蘇州東光優技電気」設立。

2009年

STiNCの販売開始。

STiNC

「東光東芝メーターシステムズ」設立。

スマートメーター

1918年

「株式会社高岳製作所」設立。名古屋市高岳町にて操業を開始。

高岳町時代の工場

1920年

断路器1号機を開発。

1932年

三相5000kVA変圧器を開発。

1940年

本社を東京に移転。

1945年

電気コンロ、アイロンなど民生品を生産。

電気ストーブ

1962年

栃木県小山市に大型変圧器の専門工場を建設。

初期の変圧器工場

1971年

日本初の6kV固体絶縁開閉装置を開発。

1974年

小山第二工場を建設。柱上変圧器を生産。

小山第二工場

1975年

世界最大容量550kV断路器が完成。

1978年

コンピューター制御システム(MUDIC)を開発。

MUDIC

1981年

変電所集中監視制御装置を納入。

1992年

配電自動化コンピューターシステムを納入。

1994年

静岡県浜松市に浜松テクノセンターを建設。
三次元検査装置で米国特許取得、その後販売。

半導体産業向けの三次元検査装置

2002年

国内初のシンクライアント専門IT会社「ミントウェーブ」設立。

シンクライアント システム

2004年

トップランナー変圧器の販売開始。
フォトマスク欠陥検査装置(半導体用)を初出荷。

2005年

整水器工場を竣工、アクティブビオを発売。

整水器 アクティブ ビオ

2007年

電気自動車用急速充電器を納入。

2010年

小山工場に断路器新工場建設、配電ネットワーク実証試験場を開設。

小山工場:断路器

2012年
株式会社東光高岳 ホールディングス

株式会社東光高岳ホールディングス設立。双方の経営資源を集中・再編することで、世の中のニーズに応える競争力とスピードを高めるため、東光電気株式会社と株式会社高岳製作所の共同持ち株会社
「株式会社東光高岳ホールディングス」が設立された。

2013年

米国SEL社の代理店業務開始。

2013年

小山工場に1.5MW太陽光発電設備を設置。

2014年
株式会社東光高岳

完全統合により「株式会社東光高岳」誕生。

現在の蓮田地区
現在の小山地区