ビジネス紹介

スマートグリッド事業

次世代のエネルギーマネジメントシステムの構築・提供によって、スマートグリッド社会の実現に不可欠な電力系統の安定化を推進する。スマートグリッド事業の、未来への取り組みをご紹介します。

再生可能エネルギーマネジメントのスペシャリストとして、
スマートグリッド社会の実現に向けた取り組みを展開します。

日本政府は2030年までに総発電電力量に占める再生可能エネルギーの割合を22~24%まで引き上げることを目標に掲げています。今後も増加が見込まれている再生可能エネルギーの導入に対する電力系統の安定化の実現に向け、スマートグリッド事業では次世代のエネルギー社会を支えるために、エネルギーマネジメントシステムによるエネルギー管理支援サービスを提供します。

01SOLUTION

電力系統出力変動対応技術研究開発事業

本事業においては、2030年頃の再生可能エネルギーの電力系統への大量導入を見据え、再生可能エネルギー設備の「出力予測」「出力制御」、また火力などの既存電源および蓄電池等の蓄エネルギーとの「協調運用制御」を行い、再生可能エネルギーを最大限受け入れ可能な系統システムの構築を目指しています。現在、東京都新島村の実系統を実証フィールドとして、実証設備の構築を終え、社会的なコストミニマムとなる最適な設備形成・運用手段を確立するため実系統と連携を行い実証試験を行っています。

※本プロジェクトは国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援のもとで実施しています。

02SOLUTION

バーチャルパワープラント構築

バーチャルパワープラントとは、将来にわたる継続的な再生可能エネルギー導入と電力系統安定化の両立を目的として、地域に分散して存在するエネルギーリソースを、情報通信技術などによって統合的に制御し、ひとつの発電設備のように機能させる仮想発電所です。これによって、電力事業の各プレイヤーと工場・オフィス・家庭などの需要家との需給バランス最適化を実現することで、世界的なエネルギー・環境問題の解決を目指します。

※本プロジェクトは一般財団法人 エネルギー総合工学研究所(IEA)の支援のもとで実施しています。

03SOLUTION

水素社会構築技術開発

再生可能エネルギーの有効活用のため、不安定な発電出力をクリーンエネルギーである水素へ変換することで、電力系統の安定化を目指します。具体的には再生可能エネルギーによる出力変動分を制御するシステムを開発することで、水素を製造・貯蔵・利用するPower to Gas技術による電力系統の安定化を目指します。

※本プロジェクトは国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援のもとで実施しています。