環境

クリーンエネルギーへの取り組み

近年、環境保全や省エネルギーへの意識の高まり、固定価格買取制度の導入などを背景として、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギー発電システムが普及しつつあります。これにより既存の電力系統だけでなく、分散したエネルギーを制御するための技術が必要とされています。

また太陽光発電や風力発電には、その発電量が天候に左右されるという課題も残されています。エネルギーの有効活用という観点で、供給(発電量)と需要(使用量)のバランスを予測し、制御・運用する技術もまた求められています。

東光高岳は、次世代のエネルギー社会を実現するために、離島(東京都新島村)の電力系統を実証フィールドとして、気象、需要等から風力発電および太陽光発電の「出力予測」「出力制御」、また火力などの既存電源および蓄電池等の蓄エネルギーとの「協調運用制御」によって、再生可能エネルギーを最大限受け入れ可能な系統システムの構築を目指しています。

※本プロジェクトは国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の受託事業のもとで実施しています。


電力系統システム


実証設備構成概要(新島)