電力インフラ向け監視制御および通信設備

風力発電設備用雷電流計測装置

security-wlc_main.jpg

風車への落雷電流をタワー脚部で確実に計測することにより、お客様のメンテナンスの頻度および時期を明確化、雷被害再発防止対策にお役立ていただくことで風力発電設備の稼働率の向上をサポートします。

特長

受雷レベルの確認・雷被害の実態把握

雷電流の波高値や電荷量の大きさと、設備損傷の規模との照合ができるため、万一風車が故障したときの早期の原因究明にお役立ていただけます。

受雷時の自動停止の運用

受雷時に警報として接点信号を出力し、判定値を超えた場合、風車を自動停止させることができます。(上位制御システムとの連携が必要です)

落雷証明等への適用

タワー脚部の雷電流を計測し、風車への落雷を確実に捉え、GPS衛星を利用した高精度な時計により、正確な雷電発生時刻を記録します。記録したデータは、設備故障が発生した場合の原因が落雷であることの証明として、保険請求などにご活用いただけます。

設備保守・メンテナンスへの活用

受雷した回数や受雷レベルと、設備の被害状況を照合し、雷ダメージによる各部品の寿命などを把握できます。また交換部位の先行発注を行うなどの迅速な保守対応が可能となり、さらなる風車の稼働率アップが期待できます。

計測システム構成図

security-wlc_diagram-01.jpg