省エネ・監視・制御・EMS

照明・空調の省エネ制御システム

savingconditioner_main.jpg

当社の次世代省エネオフィスは、人の在席状況をリアルタイムに検知し、適正に照明・空調をコントロールします。この最新の環境制御技術により、快適さを保ちながら大幅な省エネが実現できます。また、節電実行計画が義務付けされたことや、実現が急がれるスマートコミュニティ等の社会的要求にもスムーズに応えられる次世代オフィスを提案します。

※大成建設株式会社様共同開発、T-zone Saverは大成建設株式会社の登録商標です。

特長

最先端のセンシング技術

最先端なアルゴリズムを搭載した人検知センサにより、オフィスにおける人の状態を検出します。

BAシステムの制御単位に合わせた最適な検知エリア

人検知センサは1.8m×1.8m(×4エリア)ごとに滞在・不在・通り抜け情報を出力。また、ミクロマスク機能による検知エリアの調整も可能です。

照明・空調の最適制御によるエネルギーの大幅な削減

人の滞在・不在・通り抜けに合わせた最適制御により、照明と空調のエネルギーを大幅に削減します。(約22%の省エネ効果)

スマートなシステム運用

システムの運用に操作パネル(タッチパネル)を採用したことにより、操作や設定が容易になりました。

拡張性の高いオプション機能

人の滞在・不在や照明・空調の制御状態を直感的に把握できるフロアマッピング機能や節電要求に基づいたピークカット制御など、拡張性の高い様々なオプション機能を備えています。

システム構成図

savingconditioner_diagram-01.jpg
  • エリアコントローラ間の情報共有により、フロア内をシームレスに管理できます。
  • センサ間の接続に専用コネクタ付ケーブルを採用することで、誤配線を防ぎ、施工を効率化します。
  • BACnetやLONWORKS通信で他システムとの連携も可能です。(オプション)

T-Zone Saver

項目 仕様
動作環境 0~50℃
検知温度 0~40℃
最低検出レベル 温度差3℃以上
センサ検知範囲 3.6×3.6m  (1.8×1.8m×4方向)
人検知センサ検知高さ 2.5~3.1m
センサタイプ 人検知センサ、明るさ人検知センサ
センサ外形寸法 φ135㎜×40㎜(突起物除く)
エリアコントローラ外形寸法 H434×W170×D54㎜(取付金具含む)
電源電圧 AC100/200V(センサ電源はエリアコントローラから供給)
消費電力 60W以下(センサ消費電力含む)
センサ接続台数 最大32台
調光仕様 PWM変調(1KHz DC12V 0~100%) 16回路
調光可能照明器具台数 1回路あたり最大36台 16回路合計128台以下
センサ専用コネクタケーブル 標準6m (延長コネクタにより延長可)

オプション部分については弊社窓口までお問い合わせください。