省エネ・監視・制御・EMS

T-STEP BEMS(T-Green BEMS)

T-STEP BEMSは、エコ.webなどの計測機器あるいは中央監視システムが取得した計測・計量データを集約し、建物の使用エネルギーを24時間モニタリングすることで、エネルギー管理にかかわる業務をトータルでサポートするシステムです。

※大成建設株式会社様共同開発、T-Green BEMSは大成建設株式会社の登録商標です。

特長

  • 利用者の視点に立ったわかりやすいエネルギー見える化を実現します。
  • 社内の執務者PCから見える化画面を閲覧可能で、ビル全体の住居者が節電参加できるBEMSです。
  • 本BEMSは一般の執務者向けの見える化画面と管理者向けエネルギー管理画面を提供します。
  • BACnet通信により、他社システムで取得の電力量データを収集・解析することも可能です。

製品説明

エネルギー分析グラフ表示機能

各種グラフ表示。(トレンド/バー/積層/累計/散布図/ヒストグラム 他)
他種別のグラフを組み合わせによる2軸表示。(相関分析や過去データとの比較表示)

帳票出力機能

計測データを帳票(日報/月報)としてExcelファイルに出力・保存。

換算係数による単位変換表示と演算式入力

換算係数を設定することで、各計測値をCO₂や原油などに変換・グラフ表示。 演算式を入力して、熱源COPなどの指標値を算出しグラフ表示、帳票出力。

デマンド監視機能

30分間の需要電力(受電電力量)が契約電力量を超えないように監視。

改正省エネ法対応

改正省エネ法に対応した電力需要平準化評価原単位の算出も可能。

システム構成図1 (STiNCによるデータ収集)

tstep-bems_diagram-01.jpg

システム構築図 (中央監視システムのデータを取得する場合)

tstep-bems_diagram-02.jpg

定格・仕様

  • 最大ログインID数:100
  • 最大管理点数:10,000点
  • 最大データ蓄積期間:10年間
  • STiNC最大接続数:500台
  • クライアントPC最大同時接続数:100アクセス
サーバ(サーバ兼管理PC)環境
  • OS:Windows Server 2008 R2
  • UPS:2.1GHz(クアッドコア)以上
  • メモリ:4GB
  • 空き容量180GB以上(データ蓄積期間:10年間)
データ収集の通信方式
  • STiNC・STiNCⅡのTCP/IP通信(コマンド通信)
  • BACnet (IEIE・J・P・0003・2000-a、IEIE・J・G-0006・2006-a)IPv4のみ対応
クライアントPC(執務者PC)環境
  • Windows7
  • CPU:1GHz以上
  • メモリ:1GB以上
  • プラウザ:Internet Explorer8、9(Flash Player11以降がインストールされていること。)
  • 表示解像度:1,280×1,024以上
  • Office:Microsoft Office 2003以降(帳票閲覧時に必要)