省エネ・監視・制御・EMS

テナント検針システム

tenant_main.jpg

データ収集装置とPLC内蔵スマートメーターを活用した、テナントビル向け自動検針システムです。(PLC:電力線搬送通信、Power Line Communication)

スマートメーターを活用した自動検針システムなら、こんな課題を解決します。

  • 毎月の検針が大変で、誤検針が発生しがち。
  • 検満を迎えるので、全てのメーターを一緒に交換してしまいたい。
  • メーターを変えたいが、専用線(通信ケーブル)を新しく引きたくない。
  • 人手不足なので、検針業務を自動化したい。

特長

簡略化・誤検針防止

スマートメーターの30分ごとの指針値をデータ収集装置に自動収集することにより、収集業務の簡略化や誤検針防止に活躍できます。

通信線敷設工事不要

検針データをPLC通信で取得できるため、通信線(通信ケーブル)の敷設工事が不要です。

クラウド収集

検針データはLANやUSBメモリ、クラウドを使って収集することができます。

共同検針機能

電気だけでなく、ガス、水道の検針値をまとめて収集することができます。

PLCとは?

「電力線を通信媒体として使用する通信方式」です。

※PLCの利用は、単相交流を通ずる電力線を使用するものに限ります。(電波法による)
※三相交流への信号重畳は個別申請により対応可能

システム構成図

tenant_diagram-01.jpg